メディケア補聴器の保険適用を拡大する法案が新議会に再提出

メディケア補聴器の保険適用を拡大する法案が新議会に再提出

メディケアを拡大し、受給者に補聴器を適用するための「メディケア補聴器適用法」が、第118議会に再提案されました。

Debbie Dingell (D-MI) と Brian Fitzpatrick (R-PA) の両議員が提案したこの法案は、社会保障法を改正し、現在社会保障法やメディケアでカバーされていない医師の診察、聴覚検査、補聴器をカバーし患者のアクセスを改善するものです。

「補聴器は贅沢品ではなく、何百万人もの人々が健康で自立した生活を維持するために必要不可欠なものです。補聴器がなければ、多くの高齢者が家族や友人、隣人、地域社会と交流することができず、その結果、孤立してしまいます」と、ディンゲル氏はプレスリリースで述べています。

リンク先は米国のHearing Trackerというサイトの記事になります。(英文)
ブログに戻る

コメントを残す