聴覚学におけるマスクの使用: パンデミックの使用と現在の意見

聴覚学におけるマスクの使用: パンデミックの使用と現在の意見

今年初め、HearingTrackerはSafe'N'Clearと協力し、パンデミック時のクリニックでのマスク使用状況を把握するため、またマスク使用に関する現在の意識を測定するため、オーディオロジストに簡単なアンケートを実施しました。

私たちは、この調査でわかったことについて、いくつかの統計を提供するためにフォローアップを行っています。

聴力学におけるマスク使用に関する最近の調査に参加してくださった75名のHearingTracker購読者の皆様に感謝いたします。以下はその結果と見解の要約です。

回答者
回答者の85%が女性で、約13%以上が男性でした。

年齢層は25歳から70歳。

ほとんどの回答者は米国に在住しており、米国以外の回答者は3名であった。回答者の聴覚学での勤務経験は、新卒から44年まででした。

約43パーセントが個人診療所で働き、約19パーセントが病院で働き、さらに19パーセントが耳鼻咽喉科で働き、残りはK12、大学、政府、軍の施設で働いており、このことは業界の場所による幅の広さを示しています。

実務におけるマスクの使用
この調査では、どれくらいの聴力学者や臨床医が診療でマスクを使用しているのか、またマスクが患者とのコミュニケーションにどのような影響を与えているのか、さらにマスク使用に対する患者や医療従事者の認識を確認することを目的としています。

COVID-19パンデミックの際、回答者の約35パーセントが透明窓付きマスクをよく着用すると答えた一方、35パーセントは透明窓付きマスクを着用したことがないと答えました。

また、5人に1人(20%)近くが、透明マスクをほとんど着用しなかったと回答しました。

職場での従来の(カバー付き)マスクの使用について尋ねたところ、62パーセント以上が従来の(カバー付き)マスクを常に着用していると答え、23パーセント近くが従来の(カバー付き)マスクをしばしば着用していると答えました。

興味深いことに、29パーセントの聴力専門医が、診察の際にマスクの使用を取り入れた場合、患者からより信頼され、健康に気を配っていると思われたと回答し、33.3パーセントの聴力専門医は、患者からより信頼されていると思われたかもしれないと回答しました。

コストの正当化
調査に回答した60%が、マスクを着用しないことによる病気、休診、診察や処方箋の自己負担金などの「ソフトコスト」を考慮すると、マスクの費用は十分に見合っていると答えました。

また、17%以上が「マスクの費用は割に合うかもしれない」と答え、22%以上が「マスクの費用は割に合わない」と回答しました。

コミュニケーションの課題と透明マスク
さらに深く掘り下げると、回答者は従来のマスク(カバー付き)または透明マスクの使用が患者とのコミュニケーショ ンに影響を与えるかどうかについても意見を交わしました。

「患者にとって視覚的な合図を得ることが難しい。」、「読唇術が必要なため、マスクを着用できない患者が何人かいた。」、「難聴患者には視覚的な合図が必要である。マスキングをすると、この[機能]が不明瞭になり、話し声の大きさや明瞭さが低下するため、コミュニケーションが困難になります。」

回答者の中には、"モニターや携帯電話に書き写す "など、覆面マスクを着用している場合の独創的な回避策を教えてくれた人もいました。

ご想像の通り、マスクの使用は難聴者に深い影響を与えました。

マスクなしを希望する患者もいました。

ある医療従事者は、「人工内耳の患者さんが、マスクを外してほしいと言うことがよくありました。」「マスクを外して、椅子を3フィートほど後ろにずらしました。」と報告しています。

マスク使用の課題
特に透明窓付きマスクや透明シールドに関しては、以下のような課題が報告されました。

「透明マスクは会話が歪む。」、あるいは 「“曇る"ので使いにくい。」「透明マスクは確かに聞き取りにくいが、明らかに見やすい。」という報告もありました。

透明マスクがすべて同じように作られているわけではありません。

ある回答者は、「濡れて気持ち悪いので、誰も3文の読唇術の利点を求めず、普通のマスクを好んだ。」と述べています。

透明マスクの良い面を挙げると、次のようなコメントがありました。

「患者が私の話を理解しやすくなる。」、「透明マスクを使ったら、患者に喜ばれた。」。

パンデミックの最中、透明マスクを入手するのは困難でした。

「最終的にはオークツリーが販売を始めたときに購入しました。」

聴力検査の臨床現場で、どちらのタイプのマスク(透明マスクと従来のマスク)がより有益かという質問に対して、回答者は次のように答えています。

「透明マスクが曇らないのであれば、そちらの方が良い。」、「伝統的なマスクの方が、病気の感染を防ぐのに効果的だから。」

透明なマスクは音声を歪ませるが、従来のマスクは音声を減衰させます。

透明なマスクは「唾液と霧で嫌な感じがする。」という回答もありました。

誤解の表現
回答者の中には、「従来のマスクの方がよく保護されている。」、「透明マスクは医療用としてFDAに認可されていない。」など、正確でない「事実」を共有した人もいました。

事実として、従来のマスクと同じ厳しい要件を満たし、FDAの認可を受けた透明窓付きマスクが市販されています。

この簡単なレビューが、マスクの使用による保護と引き換えに、明確なコミュニケーションを犠牲にする必要がないことを、聴力専門医に認識してもらえることを願っています。

研究を重ねることで、聴力専門医は患者とオフィススタッフのニーズを満たす最良のPPEを決定することができます。

(中略)

リンク先はアメリカのHearing Trackerというサイトの記事になります。(原文:英語)

続きはこちら↓↓↓
ブログに戻る

コメントを残す